どうして?融資に通らない場合に見直すポイント

融資に通らない!どこに問題があるのか考えよう

信頼されることが重要

まずは、事業計画書を見直してください。
内容が具体的に書かれていなかったり、明らかに無理があったりする計画書では信用されないので、審査を通過できないケースが多いようです。
何の事業を行うためにどのくらいの資金が必要なのか、さらにこれまでに成功させてきた事業など、必要な情報を全て盛り込んでください。
同時に、返済計画書を提出することも重要です。
返済計画書がないと返済の意思がなく計画性がない人間だと思われ、信頼されません。

それでもダメだったら、別の金融機関に融資を申し込んでみましょう。
実は金融機関ごとに審査の基準や、厳しさが変わります。
これまで融資を申し込んでいた金融機関は、特に審査が厳しいところだったのかもしれません。
もっと審査が緩い金融機関なら、通過できる可能性があります。
おすすめはノンバンクと呼ばれるところなので、自分の社会的な信頼や会社の規模を考慮して金融機関を選びましょう。

融資額が多いと、審査が厳しくなる傾向が見られます。
何回も審査を落ちている人は、融資額を低く設定してみてください。
融資額を下げることで、返済の負担を削減できる面がメリットです。
たくさん資金があれば経営が助かるのは事実ですが、返済の負担が大きくなり返済できなかったら大きな問題に発展します。
返済する時は利子が発生するので、金利も考慮して融資額や金融機関を選ぶと良いですね。
金利が低い金融機関なら、さらに負担を軽減できます。