融資に通らない!どこに問題があるのか考えよう

審査が厳しい金融機関

この記事をシェアする

銀行とノンバンクの違い

融資を受けられる金融機関は、一般的に銀行とノンバンクの2種類が挙げられます。
銀行以外の金融機関を、ノンバンクと呼ぶと覚えておきましょう。
銀行は審査が厳しく、大手の会社に向けて主に融資を行っています。
まだ会社を経営して日が浅かったり、規模が小さかったりする会社は審査を通過するのが難しいとも言われています。

その際は無理に銀行にこだわらず、ノンバンクを選んでください。
ノンバンクなら、審査が終わるまでの時間も早いです。
審査を通過できたら数週間で資金を得られるので、時間がない時でも助かりますね。
どのようなノンバンクを選択すれば良いのか、情報を集めてから選びましょう。
ノンバンクでも、信頼できる企業は多いので安心です。

審査の時に重視される部分とは

審査では、社会的な信頼を重要視されることを忘れないでください。
これまでに負債をたくさん抱えていたり返済が滞っていたり、さらに税金を滞納したことがある人は、社会的な信頼を大きく失っています。
滞納がある場合は銀行の審査を通過するのが難しいでしょう。
自信がない人は、ノンバンクを選択するのが賢い方法です。

クレジットカード会社や信販会社、消費者金融会社はノンバンクに含まれます。
消費者金融と聞くと法外な利息が発生したり、厳しい取り立をされたりするイメージを持っている人が多いですが、それはドラマの中の話です。
現実の消費者金融は正しく経営していますし、資金をサポートしてくれます。
資金が足りなくなったら、気軽に相談しましょう。